biyoumaster のすべての投稿

季節の変わり目に起こるゆらぎ肌って何?

ゆらぎ肌とは、季節の変わり目に起こる肌トラブルのことで、主にニキビ・吹き出物・肌荒れといった実害となって現れる症状です。

ニキビや吹き出物がつねにゆらぎ肌というわけではなくて、季節の変わり目で起こる気温の変化、湿度の変化などが原因で肌トラブルが起こりやすくなることを言います。

では、ゆらぎ肌を防ぐためにはどうしたらいいのでしょうか?

春に起こるゆらぎ肌の防止策

春に起こるゆらぎ肌の原因は、気温の上昇・湿度の上昇です。

気温や湿度が急激に上がることによって、肌の皮脂分泌が多くなります。いわゆるオイリー肌になりやすい状態ですね。

皮脂の分泌量が多くなると、皮脂や汚れで毛穴が詰まりやすくなって、ニキビや吹き出物ができやすくなります。

春にゆらぎ肌を起こさないためには、常に清潔でいることが肝心です。

小まめに洗顔することで、皮脂を洗い流して清潔に保てるのですが、洗顔すると本来必要となる皮脂まで洗い流してしまいます。

そうなると、余計に皮脂の分泌が盛んになってしまうので、洗顔後は必ず保湿も必要になります。

秋冬に起こるゆらぎ肌の対策

秋冬に起こるゆらぎ肌の原因は乾燥です。

夏に多湿な気候に慣れた肌にとって、秋冬の乾燥は過酷な環境です。

乾燥肌の原因となるし、肌が荒れたりひび割れることもあります。

乾燥によるゆらぎ肌対策は、ここでもやっぱり保湿です。

保湿なのですが、洗顔後の保湿とはレベルが違います。

常に肌に水分を保持させることが必要です。ただでさえ乾燥しやすい肌なのに、秋冬の環境変化で一気に乾燥してしまいます。

角質層内で水分を保持することのできる「セラミド」成分配合の化粧水を使うなどして、常に肌質・肌の水分量に気をつけていましょう。

上記のとおり、ゆらぎ肌対策はどちらも保湿です。

保湿なのですが、その保湿の役割が異なります。

それぞれの役割に合った保湿化粧品を選んで、肌に一定の水分量を保持してやること。これが肌トラブルを回避するもっとも重要なことだと言えます。

お肌が乾燥する季節に特別な対策は?

これから秋口にかけて周りの空気も乾燥してきます。

夏は湿気も多くてジメジメする季節。放っておいてもお肌の調子はいいし、人によってはベタつきが気になるオイリー肌になっていたかもしれません。

でも秋は一転、空気が乾燥してきます。

乾燥というと冬というイメージがありますが、実は秋も冬と同じくらい乾燥してるんです。

日本の気候は四季があって、乾燥具合も違うように思いますが、

春、夏:多湿
秋、冬:乾燥

と極端に分かれています。

周りの空気が乾燥しだすと気になるのが「乾燥肌」

女性の肌は敏感なので、すぐに周りの湿度や水分に肌が影響されます。この時期は化粧品にも気を配りたいですね。

理想は春夏と秋冬で化粧品を分ける

肌ケアに使う化粧品。本当は春夏と秋冬で分けるのが理想です。

日本の気候はそれほど季節によって違うので、春夏はオイリー肌を抑えるための化粧品、秋冬は乾燥を防いで潤いを保つ化粧品が望ましいです。

特に秋冬は重要。

というのも、肌がダメージを受けて「シミ・シワ・たるみ」といった症状になりやすいのも乾燥する秋冬だからです。

一度でたシミやシワはなかなか消えません。そのため秋冬の美肌ケアをより重点的にやる必要があります。

肌の潤いを保つためにはセラミドが不可欠

肌の潤いを保つためには「セラミド」という成分が不可欠です。

セラミドが角質層内で水分を保持することで、みずみずしいふっくらとした肌に生まれ変わります。特に乾燥しやすい秋冬はセラミドの量が必要になります。

セラミド配合の化粧品は数多くありますが、最近では「セラミドを自ら作り出す成分」が配合された化粧品もあります。

セラミドは水分を保持するために欠かせない成分ですが、角質層内に長く留まることができないという欠点があります。

それを補うために開発されたのが「セラミドを自ら作りだす成分」です。

化粧品を試すならトライアルセットがお勧め

乾燥肌対策のためいろいろな化粧品を試すためには、化粧品のトライアルセットを購入して試すといいでしょう。

デパートとかの化粧品売り場で試すのもいいのですが、どうしてもその時だけでは化粧品が合うか合わないかはわかりません。

その日の天気にも左右されるし自分の体調でも違います。

トライアルセットなら、同じシリーズの化粧品がいろいろ試せるし、期間も7日間から14日間と、自分に合うか合わないかを判断するには丁度いい期間です。

最新のトライアルセットを紹介しているサイトもあります。そのようなサイトを参考にして、自分に合う化粧品を探しましょう。

秋冬の乾燥は全ての肌トラブルの元です。

乾燥のないふっくらとした肌を手に入れて、いつまでも綺麗でいたいものですね。

美容と健康に気をつけて生活を充実させる方法

美容と健康っていつも一緒に考えられますよね。

お互いが蜜に接していて、美容を考えれば必然的に健康的な生活にもなるし、健康に気をつければ必然的に美容効果も高まります。

だかれ、どちらを考えることも重要だし、どちらも考えていけばより質の高い美容と健康的な生活が送れるということですね。

でも、美容と健康を考えた生活って具体的に何でしょうね。

ダイエットを考えてみる

健康的な生活と言えば、まずはダイエットですよね。

もちろん太ってない人には関係ないけど、少し太り気味の私にとっては一番重要なこと。

太ると健康にはよくありません。

コレステロールも高くなるし、血液の質も悪くなります。
疲れやすい体にもなるし、抵抗力が落ちて風邪をひきやすくなったり。

また太ると見た目もよくないですよね。
好きな服も限定されるし、吹き出物とかもできやすくなります。

ダイエットすることって、まさに美容と健康を考えた行動なんですよね。

脱毛を考えてみる

美容を考えたときに重要なのは脱毛。

女性にとって毛深いことって一番の悩みのような気がします。

「ツルツル男子」という言葉が流行ってきたように、男性でも脱毛する時代です。

女性はムダ毛がない生き物って男性からは見られてるんですよね。

だから、体毛なんて本当にいらないんです。

脱毛すればもちろん肌が綺麗になるし見た目もよくなります。

あとは健康的でもあるんですよね。

例えばワキ毛とかデリケートゾーンの陰毛。

あれって、夏場とか暑いところでは蒸れやすいし、ニオイも発生しやすくなります。

蒸れると細菌も発生しやすくなるから、かぶれたり荒れたりと肌トラブルも引き起こしやすいです。

だから脱毛することで、美容も健康もアップするんですね。

食生活に気をつける

美容と健康といえばやっぱり食生活。

バランスよく食べるのはもちろんのこと、食材の質にもこだわりたいですよね。

何も高いものばかり食材を揃えるというわけではなくて、季節ごとの野菜や果物を摂るようにすることもひとつのこだわりです。

旬のものというのは、それなりに理由があって、その時期に一番栄養価が高くなるからなんです。

今は一年中いろいろな食材が手に入るから、野菜や果物で季節を感じることがあまりなくなったけど、旬で栄養価の高い食材を食べることが、美容と健康には欠かせません。

ビタミン・ミネラルたっぷりの食材で体の中をリフレッシュすれば、いつまでも健康で若々しくいられるはずです。

当サイトでもいろいろとこだわっていきたいですね。