季節の変わり目に起こるゆらぎ肌って何?

ゆらぎ肌とは、季節の変わり目に起こる肌トラブルのことで、主にニキビ・吹き出物・肌荒れといった実害となって現れる症状です。

ニキビや吹き出物がつねにゆらぎ肌というわけではなくて、季節の変わり目で起こる気温の変化、湿度の変化などが原因で肌トラブルが起こりやすくなることを言います。

では、ゆらぎ肌を防ぐためにはどうしたらいいのでしょうか?

春に起こるゆらぎ肌の防止策

春に起こるゆらぎ肌の原因は、気温の上昇・湿度の上昇です。

気温や湿度が急激に上がることによって、肌の皮脂分泌が多くなります。いわゆるオイリー肌になりやすい状態ですね。

皮脂の分泌量が多くなると、皮脂や汚れで毛穴が詰まりやすくなって、ニキビや吹き出物ができやすくなります。

春にゆらぎ肌を起こさないためには、常に清潔でいることが肝心です。

小まめに洗顔することで、皮脂を洗い流して清潔に保てるのですが、洗顔すると本来必要となる皮脂まで洗い流してしまいます。

そうなると、余計に皮脂の分泌が盛んになってしまうので、洗顔後は必ず保湿も必要になります。

秋冬に起こるゆらぎ肌の対策

秋冬に起こるゆらぎ肌の原因は乾燥です。

夏に多湿な気候に慣れた肌にとって、秋冬の乾燥は過酷な環境です。

乾燥肌の原因となるし、肌が荒れたりひび割れることもあります。

乾燥によるゆらぎ肌対策は、ここでもやっぱり保湿です。

保湿なのですが、洗顔後の保湿とはレベルが違います。

常に肌に水分を保持させることが必要です。ただでさえ乾燥しやすい肌なのに、秋冬の環境変化で一気に乾燥してしまいます。

角質層内で水分を保持することのできる「セラミド」成分配合の化粧水を使うなどして、常に肌質・肌の水分量に気をつけていましょう。

上記のとおり、ゆらぎ肌対策はどちらも保湿です。

保湿なのですが、その保湿の役割が異なります。

それぞれの役割に合った保湿化粧品を選んで、肌に一定の水分量を保持してやること。これが肌トラブルを回避するもっとも重要なことだと言えます。